スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間違ってるかもしれなくても、早く情報を出す必要がある場合もある

情報訂正「困ったこと」=民主・鳩山氏

民主党の鳩山由紀夫幹事長は4日午後、兵庫県宝塚市内で街頭演説し、政府が北朝鮮のミサイル情報で誤報したことについて「情報が正確に伝わらないのは国民にとって困ったことだ。政府には、正しい情報を伝えてもらいたい」と語った。 (了)



発射、日本政府が誤発表 5分後に訂正

日本政府が一時、北朝鮮のミサイルが発射されたと速報しながら、5分後に取り消すミスがあった。首相官邸の対策室は「誠に遺憾」との談話を発表、「情報を誤探知したことが原因と推測される」とした。防衛省は自衛隊のレーダーが「日本海で何らかの航跡を探知し、ミサイルの発射情報として伝達された」と説明しており、この情報が誤っていたとみられる。

 官邸対策室は4日午後0時16分、「さきほど、北朝鮮から飛翔(ひしょう)体が発射された模様です」と報道機関や地方自治体に発表した。しかし、同21分、「さきほどの情報は誤りです。飛翔体が発射は確認されておりません」と訂正した。

 北朝鮮がミサイルを発射した場合、米国の早期警戒衛星が熱源を探知、防衛省を通じて首相官邸に連絡が入り、発射5?10分後に報道機関や地方自治体に広報する段取りになっていた。

 しかし、今回の速報のもとになった発射情報について、防衛省は「早期警戒情報ではない」(報道官)とし、千葉県旭市にある航空自衛隊のFPS5レーダー(通称「ガメラレーダー」)が探知した航跡であることを明らかにした。同レーダーは弾道ミサイルを追尾する国産レーダー。防衛省はこのレーダーが探知した目標が結局、何であったのかは「分析中」としている。

 発射情報を受け、麻生首相は首相公邸を出て、同21分に首相官邸の危機管理センターに入ったが、誤報と確認後、29分に同センターを出て、首相官邸内の執務室に入った。官邸連絡室は官邸対策室に格上げされたが、誤報と判明後、撤回された。

 政府の混乱について、民主党の鳩山由紀夫幹事長は4日、兵庫県宝塚市での街頭演説で、「情報が正確に伝わらないと、国民が混乱する」と批判した。

スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。